不登校でも通信制高校なら大丈夫

中学2年生で不登校で自宅でも勉強していないなら、早急に何か手を打つべきでしょう。 と言っても、不登校になってしまった娘さん自体、複雑な心境を抱えていることでしょうから、決して無理強いすることなく、よく話し合って娘さんに一番良い環境を整えることが大事です。

「せめて高校だけは卒業して欲しい」という親御さんの希望をかなえる為にも、まず今必要なのは現状の打開です。 少なくとも、高校受験の年齢に達するまでに、通常通り中学校に通ったのと同等レベルの学力を培う必要があります。 その為にはまず、自宅で全く勉強をしていないという娘さんの状況を先ず打開するべきでしょう。

お住まいの地域にフリースクール等の不登校児サポート施設はありませんか? 学校の代替校ともなるフリースクールに娘さんが少しずつでも通えるようになれば、出席日数等も正規の学校へ通っているのと同じ扱いになります。またサポートも受けられますので、親子ともども、新しい活路を見出すきっかけにもなる筈です。

また、フリースクールには、不登校の子が抱える複雑な悩みや心身的ストレスの解消を目的とした専門家が在中している事も多く、その道のエキスパートが家族の支えとなるでしょう。 不登校という状況は、どうしても人との関わりといった社会性を育むチャンスを極端に減らしてしまいます。 フリースクールなどのサポート施設の存在は、その点においても大きく役立ちます。

もしくは、娘さんと一緒に近所の学習塾に相談して、勉強を教えてもらえないか相談するものいいでしょう 娘さんが通えそうなら塾で勉強するという手段もあります。 尚、高校にも色々な種類があり、不登校の子でも高校卒業をサポートしてくれる通信制高校もあるので、将来の高校入学、卒業に関してはさほど心配する必要はありません。

まず、娘さんに精神的なプレッシャーがかからない方法で、勉強できる環境を整えてあげましょう。それができれば、不登校の子供が安心して通える通信制高校などに入学して高校は卒業できます。

このページの先頭へ