不登校になったきっかけ

私は中学3年になって、周りのみんなが色々な進路について話していたり、行きたい高校について話していたりしているのに、自分は全く興味が持てませんでした。 なので、高校も取り敢えず「中卒だと就職するのに困るだろうから…」と言う理由で、適当に選んでいました。

そんな状態だったから、入学後すぐに、学校に行くのが段々と嫌になっていました。 特にいじめにあっていたとか、人間関係が…って言う訳ではなく、私の場合は何のために毎日学校に通っているのか、わからなくなってしまったんです。

ただ、親に相談したいけど、どう話していいかもわからず、どんどん不安だけが増していました。 そして、とうとう不登校になってしまいました。

今は充実した高校生活を送っています

不登校の状態がしばらく続いたある日、両親から通信制高校の話をされました。 親からは「無理強いはしたくないけど、やっぱり高校だけは卒業してもらいたい、と言われました。 それは私も同じ思いだったし、とにかくこれ以上親に心配をかける訳にはいかないという思いもあって、通信制ってどんなものか調べてみることにしたんです。

すると、通信制には色々な種類の学校があるって事を知って、何だかちょっとワクワクして来たんです。 これまで行っていた学校とは全く違う視点で色んな事を学べそうな環境がある学校、全日制と同じくらい部活動が充実しているところ、専門的な分野を学べるところ、本当に色んな学校があってびっくりしました。

実際に通い始めた感想は、「もっと早く通信制を知っていれば良かったな~」って事です。通信制って無理して学校に通う必要がありません。 だから「自分も自宅とか図書館で自分の好きな時間に勉強するからいいや~」って最初の頃は思っていたけど、すぐに通学コースに変更しました。

だって、週に2~3回、他の生徒と会って話したり、先生と話すのがすごく楽しくなったから。 通信制にはいろんな境遇の子がいっぱい通っているから、話の内容も面白いし学べることがいっぱいあるんです。

今では、自分と同じ様な境遇で通信制高校を選んだという友達も作ることができました。 「学校ってこんなに面白い場所だったのか~」って、初めて思えるようになりました。 僕から言えることは、どんな理由であれ、もし今通っている高校に疑問を感じたら、迷わず通信制を薦めますね。「これ以上の時間の無駄遣いは止めよう!」って言いたいです。

このページの先頭へ