通信制高校を利用して大学に進学

「今通っている高校に通いたくない」という息子さんの場合、以下の2つの理由が考えられます。

1つ目が、自分がやりたいことが見つからない。
2つ目がやりたいことがあり、それに関することを今の学校では学ぶ事ができない

どちらの理由にせよ、先ずは今後の進路について息子さんと慎重に話し合いを持つことが重要となります。

自分がやりたいことが見つかっていないなら、将来どんなことがしたいかをじっくり聞いてあげてください。 このとき焦らせてはいけません。 自分の口から将来のことについて話すようになるまで、じっくり待ちましょう。

また、他にやりたいことがあって、そちらに没頭したいと思っているのか、もっと専門的な勉強できる学校に転入したいのかを聞きましょう。 ひと口に高校と言っても、全日制の高校から定時制、通信制などがあります。

特に、近年人気がある通信制高校に至っては、生徒一人一人の能力、嗜好に合わせたカリキュラムから通学、完全在宅、通学&在宅など通学スタイルも自在に選択でき、よりフレキシブルな学習スタイルを打ち出しています。

ですから息子さんの場合も、全日制に固執する必要はなく、新たな視点として通信制高校も視野に入れると、より選択肢も広がり、息子さんにとって最適な環境を見つけやすくなります。 通信制と聞くと、何となく学力レベル的において全日制の学校に劣るイメージを持っておられる方もまだまだ多いと聞きますが、実際のところはそう一概には言えません。

通信制高校なら個々のレベルに合わせた学習スタイルを取り入れているので、現在、学力に心配があっても大学進学に必要な学力を着実に身に付けることができます。 全日制より生徒一人一人に合わせた柔軟な対応ができる通信制の方がより成果を上げやすいとも言えます。

このページの先頭へ